二の腕のプニプニをダンベルで引き締める方法

ダンベルを使った二の腕痩せトレーニングを行うのであれば、そのトレーニング方法はもちろんですが、ダンベルの重量、トレーニングを行う回数などを間違ってしまうと、引き締めたい二の腕以外の胸筋や背筋がついてしまったり、筋肉を鍛え過ぎてたくましい二の腕になってしまったりするので、注意が必要です。

 

二の腕のたるみを改善するのであれば、上腕二頭筋と言われる二の腕の上側の筋肉ではなく、上腕三頭筋と言われる下側の筋肉を鍛える必要があります。
上腕三頭筋を鍛えるのに効果的なトレーニング法はまっすぐ立った状態で、ダンベルを頭の後ろに持ち、ダンベルをゆっくりまっすぐと天井の方に伸ばしていく方法です。
このエクササイズを行う時のダンベルの重量の目安は1キロで、10分程度繰り返して行うことが大切です。
これ以上回数を増やしたり重いダンベルを使用したりすると、ムキムキになってしまうので限界を超えない程度で毎日負荷を与えていくのがポイントです。

 

ダンベルを選ぶ際も、女性でも安全に使用することが出来、持ちやすいラバーダンベルなどを選ぶようにしましょう。
筋力がないのにいきなり鍛えはじめても、腕がすぐに疲れてしまい、落としてケガをしてしまう可能性もあるので安全面にも配慮したダンベルを選ぶことが重要です。
また、鍛えた筋肉を放置しておくと女性らしいしなやかな筋肉ではなく、男性のようなたくましい筋肉になってしまうことがあるので、トレーニング後には必ず使った筋肉をマッサージで揉みほぐすことが大切です。
マッサージを行うことでリンパの流れも良くなり、たるみ改善の効果も出やすいので、トレーニングとマッサージはセットで行っていきましょう。